パート主婦的シンプルライフ

パートしながら好き勝手に生きてます。シンプルに生きたいのに寄り道が多い、そんな私。

「気にせんとこ」と唱えることで自分に起こった変化

こんにちは、お久しぶりです。

相変わらずパートして、ごはん作って、家をピカピカにして、そして空いた時間はゲームしてます。毎日ブログ更新するぞーなんてコトを去年の今頃は思ってましたが、今は毎日書きたい!と思えないのでゲームばっかしてます←

 

そして久しぶりに書きたい事ができた(思いついた?)のでヘルシオで蒸し鶏作ってる間に、ブログ書きにきました。

 

 

私はよく「気にする」性格です。

 「気にする」とは些細な事に気付き、自分の言った言動や、他人から言われた言葉を反芻し

「あの時はああ言ってよかったのだろうか?もっといい返し方がなかっただろうか」

「あの人は、あの時なんであんな事言ったんだろう」

 

とよく「気にして」しまいます。

 

この「気にする」という行為が、いい時もあれば悪い時もある事に最近気付きました。

 

些細な事に気付くというのは、周りに気配りできたりするっていう側面もあるので、悪い事ではないと思っています。

よくないのは「自分の言った言葉を後から「あれでよかったんだろうか・・・?」とクヨクヨ悩む事」だと思いました。

気にしてもしょうがない事を、クヨクヨ悩んでも仕方がない、前を向こうぜ!みたいなノリで生きていけるようになった、と言いましょうか(なんか大袈裟)

 

旦那と娘との会話では後からクヨクヨ悩む事はないのですが、それ以外の人と会話した時は、先ほどのやりとりを頭の中で反芻しがちです。(やばいレベル入ってます)

気にしだした瞬間に「ああそうだ気にせんとこ!」(気にしないでおこう)

と唱える事によって、少しずつですがその「クセ」みたいなものがなくなってきました。

 

普段の何気ない会話って、その人の精神状態や、性格、ゴキゲン度で大分変ってしまうと私は思っているので気にしても仕方ないし、自分がクヨクヨ悩む程、相手は自分の事を考えていないんですよね。

そんな事は分かりつつもこの「気にする行為」によって自分の至らない部分が改善されてきて、人間関係がいい方向にいった事もあるので、自分の言動を振り返るのはいい事なんだ、と十何数年思って生きてきました。

 

20歳やそこらの時は自分の言った事なんか気にしないで、発言してました。

今思うと「痛い子」なんですけど、別に気にしてなんかいなかった。今よりものびのびしていました。

その当時接客業で働いていたのですが、女上司(ボス)が良くも悪くも性格が悪くて、意地悪な人で、その人は私の言動を咎めたり、時には怒ったりしてくれてたんですね。

そこで何も考えていなかった私は、少し考えるようになりました。

そしたら自分が少しずつ良い方向に変わっていったんですよね〜20歳ぐらいから、私の心の成長期が始まるわけですが、そんなこんなで「なんでもクヨクヨ気にする」性格になっていった・・・というわけです。

 

 

気にしすぎもよくないという事で(笑)

気にしたり、気を使ったりするとその翌日がとってもしんどいです。

 

先日娘の習い事の打ち上げがあり、その翌日は日曜参観、その夜は旦那家族とすき焼きパーティー・・・と人付き合いがハードな2日間でした。

日曜参観翌日は娘が代休なので、私も休みを取っていたのですが、夕方までなにもする気力がないぐらいにはぐだぐだゴロゴロしていました。

 

「ああ疲れてるんだなア(白目)」と思いました。

予め疲れてしまうような行事の後には、できる限り休息の時間をとるのがいいと思います。

できるなら休めたらいんですけど、仕事があるとなかなか難しいので、ゆっくりお風呂に浸かるとか、キャンドル灯すとか・・・

質の高い睡眠をとるのもいいですね〜

 

www.yutoriito.net

 

www.yutoriito.net

 

 

f:id:yutoriito:20181122185107j:plain

ネイルをするものいいですね〜気分が上がります。

 

自分を休めるのが大切なんだなあ・・・と最近気付きました。

 

 

ではではこの辺で、またお会いしましょう(*^▽^*)

 

読者登録お願いします

↓いつも応援クリックありがとうございます、励みになっています↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク