パート主婦的シンプルライフ

どこにでもいるような普通のパート主婦。旦那は普通の会社員、子供は小学生。私の頭脳はぺらぺら。

【ないほうがいいけど】慶弔用の洋服と持ち物を再確認しておけばよかった・・・という話【ないわけはない】

読者登録お願いします

↓いつも応援クリックありがとうございます、励みになっています↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村

 

こんにちは、今日も来て頂いてありがとうございます。

 

先日知り合いの方が亡くなったのでお通夜に行ってきました。

 

旦那の仕事場の隣の工場のおじいさんで、何度かお話したことがありますし、娘も何回かお小遣いをもらっていたので、行く事にしました。

お通夜やお葬式は、結婚式の様に「呼ばれなかったら行ってはいけない」という事はないので、少しでもお世話になった方のお通夜は行くようにしています。

(まったく知らない方は当たり前だけど行かないですが・・・←分かってるよw)

 

f:id:yutoriito:20180320151759j:plain

 

 

見直した方がいいと思ったきっかけ

お通夜の時間の連絡がきてからチェックしたのですが、洋服はクローゼットにしまってあるし、カバンも箱にいれてるし・・・と把握はしていたのですが、靴をチェックするのを忘れていました。

黒い普通のパンプスあったよなあ・・・と思ってシューズクローゼットをあけてそれらしき箱を取り出して開けてみた所・・・

 

f:id:yutoriito:20180320150026j:plain

 

皮(合皮だけど)べろべろになってる・・・!!!!!

という事態だったわけです。あと数時間で行かなくてはいけないので、靴を買いに行く時間はない・・・しかたなく黒のレペット(バレーシューズ)で行きました・・・(本当はよくない・・・です、ワンポイント(小さい黒のリボン飾り)ありますから)

 

レペットがエナメルじゃなかったことが救いですが、もしエナメルだったら詰んでましたね・・・

 

お通夜やお葬式の洋服と靴のマナー

 

葬儀で履いていい靴、ダメな靴。喪服に合う色やデザインは? | 終活・お葬式のことなら終活メディア

 

失礼にならない通夜、葬儀の服装|葬儀のマナー|葬儀安心ガイド|葬儀・葬式・家族葬なら葬儀会館【ティア】-愛知[名古屋]、東京、大阪-

 

私が、ここで書くよりも各リンク先に書いてあることが確実なので、リンクを貼りました。

 

 

 私が持っているブラックフォーマル、サイズが若干ピンチだった話

f:id:yutoriito:20180320151935j:plain

12.3年前に購入した喪服です。イトーヨーカドーのブラックフォーマルが売っているコーナーで買いました。五分袖(袖は薄い布になっています)で膝下丈のワンピースでジャケットがついています。

サイズは36・・・その頃はそれでも、ぶかぶかだったんですよ・・・

久々に袖を通しましたら・・・

「えっ?お腹周りがキツイ・・・(顔面蒼白)」

となりまして・・・やっばい、ちょっと太ったやん・・・と。

まあ着れない事はないのですが、これなら38サイズが無難だろうという感じがしました。

多分ブラックフォーマルは、長い年数着る事を考えて、大きめに作られていると思うんですよ・・・だって買った時はぶかぶかやったもん・・・(もんって言うな)

 

カバンは喪服と一緒に購入しました。

f:id:yutoriito:20180317130550j:plain

長財布派なので長財布がなんなく入る大きさを選びました。黒のサブバッグがついていました。(むっちゃ便利)

 

お数珠はある場所を覚えておきましょう

そうそう出番はないものですから「あれどこいったっけ・・・」となります。

居場所を決めて、使い終わったらそこに戻す、とルールを決めておくといいです。

 

 

 お香典袋と薄墨の筆ペン

別にストックしておくものでもないですが、一応家にあります。

コンビニでどちらもすぐに購入できるので、もしないと気づいたらすぐに買えます。

ご遺族の方が香典辞退をされる、というケースも多くなってきている・・・と感じます(昔に比べると)

香典を辞退されるという場合は香典は用意しないのがマナーです。

 

 

 

 

私の話(父と母のお葬式を経験している)

実は私の父も母も、もうすでに亡くなっています。

父が亡くなったのは17年前。49歳で亡くなりました。(病気で亡くなったので覚悟は十分にできていたのですが・・・)

祖父も祖母もいなかったので、母が喪主を務めました。

父はバリバリ会社勤め中でしたので、お葬式の時に多くの弔問客(主に会社関係の方)が来てくださいました。

母は、お葬式会社の方の勧めで正式喪服(着物)をレンタルして着ていました。

会社の方との打ち合わせも大変そうでした。

お葬式が終わってからも、香典返し、仏壇選び。

それに加えて、四十九日迄は家にお焼香をあげに来て下さる方も多くいました。

法要時のお坊さんの予約(予約?言い方おかしいけど予約やもん・・・)

お葬式の時に来てくださった方に法要のご連絡。(1周忌の法要までは父の会社の方に連絡したと記憶しています)

 

母はそれから4年後に亡くなりました(病気だったので・・・以下略)

母は半分世捨て人のような感じだったので、特に連絡する人もおらず、私の勤め先の方がお通夜もお葬式も手伝ってくれて、助かったのを覚えています。

 

 

不幸ごとはないに越したことはないですが、人間はいつか亡くなりますし、お見送りの儀式としてのお通夜とお葬式が行われるのが通例となっています。

亡くなった方やご遺族の方に失礼のないよう、お通夜お葬式に参列できたらいいと思っています。

 

とりあえず私は靴を購入して、お手入れを怠らないようにします。(ほんまやで・・・)

 

 

定期的に見直しておこうシリーズ 

www.yutoriito.net

 

 

ではではこの辺で・・・またお会いしましょう

 

読者登録お願いします

↓いつも応援クリックありがとうございます、励みになっています↓ にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村