パート主婦的シンプルライフ

どこにでもいるような普通のパート主婦。旦那は普通の会社員、子供は小学生。私の頭脳はぺらぺら。

学生時代ハブられた経験がある私が、ママになっても女性の中で生きるのに苦労する

読者登録お願いします

↓いつも応援クリックありがとうございます、励みになっています↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村

 

こんにちは、今日も来て頂いてありがとうございます。

 

f:id:yutoriito:20180301180338j:plain

 

なんで、女は群れたがるのだろうか・・・

小学生の頃は一緒に連れ立ってトイレに行く。

中学生の時もそんなので、高校生の時も。

ちょっとでも浮くとハブられる。っていうかハブられた経験は多々ある。突然友人が離れていくこともある。それが嫌だから適当にあわせて・・・

学生時代は息苦しかった。

超オタクな風貌の私は、スクールカースト上位の非オタク女子に「笑われる」対象だった。

 

高校時代、アルバイト先で、好きな人ができた。振り向いてほしいと思ったからメガネをコンタクトに変えて、買う雑誌はアニメージュからファッション雑誌に変え、ダイエットをし、髪の毛は茶色に染めて、洋服は自分の細身で高身長なスタイルを生かす服を買うようになった。

180度変わったので、地元ではうわさになったらしい。

あのオタクの○○がきれいになったって。

それぐらい変わった。

 

スポンサーリンク

 

・・・

 

高校を卒業してから、経験した職場は3つだけだった。最初は接客業。女性ばかりだったが、仕事さえできればハブられる事はないのでよかった。2つめは事務職。同じ仕事をするのは女性だが、営業や現場は圧倒的に男性が多い職場。一緒に働いている女性達はあまり好きじゃなかった。でも給料はよかった。

その職場は、妊娠したので出産を機に退職した。セクハラが常態化し、バカな社長、バカな女同僚。電話なのに名乗らずしかも単語でしかしゃべらないバカな客。辞めたくてしょうがなかったので、うれしかった。

 

子供を産んだ。女の子だった。女の子がよかったのでうれしかった。子供を産んだのはちょっと大きめの産院だったので、みんなで食堂で食事をとることがあった。そこは私の苦手な女の世界だった。ほんの少しの間の入院なのに、ボスママを中心に食事をとるコミュニティが出来ていた。別に一人で食事をとることはなんてことはないけど、そんな私をみかねたのか、声をかけてくれる人がいた。

 

娘が4歳ぐらいまでは女の世界はすっかり忘れていた。幼稚園に通い始めてから女の世界に再び踏み込むことになる。バザーの集まり、参観日、運動会etc・・・精神年齢が幼稚なママや、PTA会長の言う事や指示に反発するヤンキーみたいなママがいた。くだらないなあ、とか思いながらなんとかやり過ごした。

幼稚園に入ったと同時に、パートを始めた。3つめの職場だ。女性がやはり多い。でも仕事さえできれば、なんともない。人並みにコミュニケーションはとれるし、みんな家事に子育てに仕事に忙しいから、仕事が終わったらすぐ帰る。気軽だ。

 

小学生になってからは、毎日のお迎えはなくなったからお母さん同士のコミュニケーションは幼稚園より少なくなった。でも委員会やPTAでお母さん同士のやりとりはある。でも幼稚園の頃に比べると、楽でやりやすくなったなあ・・・と思っていた。

 

次は習い事の問題がでてきた。娘はダンスが好きなので、家から近いダンス教室に通い始めた。そこはもうすでにお母さん同士の輪ができていた。おそらく幼稚園が一緒で一緒に通い始めた、とか、小学校が一緒で一緒に体験入会して、一緒に始めた、とかそんな感じだった。みんな仲がいいんだなあ・・・っていう。

 

私は知り合いがゼロの状態で入ったので、輪に入るのは中々難しそうだな、と思った。

○○ちゃんのママという肩書しかないので、そのコミュニティでは「仕事ができる」とかそういうのは関係ない。ただただ普通の平平凡凡なコミュニケーション能力が求められる。共通点は同じダンス教室に通っているというだけ。やはりそういう集団は苦手だ。なるべく輪に入ろうとは思ったけど、すでに輪ができている中に入らせようとしない独特の空気が女性のコミュニティの中にはある。ダンスのレッスンは2時間ぐらい、見学できるスペースがあって、お母さんたちはダンスもあまり見ずにおしゃべりに花を咲かせている。なかなかその輪には入りにくい。わいわいしている中で、ぽつんとまではいかないけど、若干ぽつんとしている。全くコミュニケーションをとらないわけではないけど。自分は浮いてるなあ、と思った。学生時代の思い出がだんだん蘇る。

ダンスのお迎えを早めに行くのをやめた。別に見なくてもいい。そのおしゃべりの風景を眺めるのがきつかった・・・学校も一緒じゃないし、住んでいる地区も違う。土台の共通点がない。その中に入っていくのはしんどい。

ギリギリにお迎えに行って、外で待つようになった。

気持ちも楽になったし、早く帰れる。

コミュニケーションがゼロというわけにはいかない。発表会の衣装のなんちゃらやそのあとの打ち上げのなんちゃらもある。子供のためとはいえめんどくさい事が多い。

 

ダンスは娘が楽しそうだから、通っているけど、色々億劫だから本音はやめてほしい。でも得られるものは何かあるだろうから、本人が「辞める」というまで続けるつもり。

 

 

母親になると、女性のコミュニティに、その身一つで入っていくコミュニケーション能力が求めらる。

そんな中でも幼稚な人がいたり、ボス的な存在がいたり、上の人が言う事に反発したりして悪口の嵐だったり・・・という人はいる。げっそり。

大変ですね、お母さんって。

 

今日もこれからも適当にやっていこう。

 

読者登録お願いします

↓いつも応援クリックありがとうございます、励みになっています↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村