パート主婦的シンプルライフ

どこにでもいるような普通のパート主婦。旦那は普通の会社員、子供は小学生。私の頭脳はぺらぺら。

子供が小学3年生になっても、一人で出かける事に気を使う。

スポンサーリンク

 

こんにちは、今日も来て頂いてありがとうございます〜

 

f:id:yutoriito:20180201162025j:plain

子育ての中心は、なんだかんだいっても母親。母親の方がベクトルが高い。

私は子供を産む前に、仕事を辞め、子供が幼稚園に入ってから「パートでもしよう」とぼんやり思っていました。お金の事で不安はありましたし、カツカツの生活ですが、子供を保育園に預けてフルで働いて、そこから家事、子供の世話・・・

 

全部私がすることになる・・・とそう思いました。

旦那が協力的に家事をしてれくれるという未来のビジョンが見えなかったので。

なので私は子供が小さい内は、働かないという選択をしました。

 

完全母乳で育てた事もあって(これはただ単に「ミルクを作るのがめんどくさいからそうしただけ💦)

子供を産んでから、私が「友達と買い物に行きたい」とか「友達と晩御飯食べに行きたい」というのは・・・

 

【娘をみてもらうように「あえて」お願いしないといけない】

 

というスタンスになってしまいました。まあ勝手に私の気が引けてるだけかも、なんですが・・・(-_-;)

 

もう子供は小学3年生。自分の事はほぼ自分で出来ます。

 

なのに・・・未だに「一人で出かけるのにいちいち了解をとってから出かけないといけない」

 

という事態になっています。

 

共同で生活している、となればやはり自分勝手には動くことはできない、というのは重々承知の上です。そりゃ旦那の都合もあるし、もし向こうの都合が悪ければ、私は予定を変更しなければいけない・・・

 

方や旦那は晩御飯を誘われれば、仕事が終わってからでも行くし(了承の電話はありますが)日曜日だって、遊びにいこうと思えばふらっと行きます。

 

ちょっとパチンコ行こうかな、って。

 

「いってらっしゃい」と言いますが、いいなあ、そんな簡単に言えて、と思います。

 

 

どうでしょう。許可がいる・・・というこの状況。勝手に私が思っているだけですが

 

随分前(子供が小学校2年生の時)の土曜日に、コンタクトレンズがなくなりそうだったから、一人でかかりつけの眼科に行く事になりました。

旦那と娘は留守番ですね。

 

その時に「眼科が早く終わったら、ゆっくりしてきなよ」

と言われました。

 

「眼科が早く終わったらか・・・」

と心の中で言って呆然としました。

 

もし眼科での診療が12時かそこらまでに終わらなかったら、自由時間なしなのね・・・おひるごはんを作るために帰らないといけないんだね。

 

と、解釈しました。

 

しかもあえて「ゆっくりしてきていいよ・・・」一番言われたくない言葉や・・・と思いました。

 

そんな許可を貰わなければいけないのかなあ、って。

 

旦那は気を使って言ったつもりなんでしょうけど、ね。

 

 

多分これからずっとこんな感じなのかなあ・・・もっと子供が大きくなれば変わるのかなあ・・・とそんな事を思う時があります。

 

ちなみに友達に「どっかランチ行こうよ〜日曜日に」と言われているのですが、旦那に聞くのが億劫で、返事をしていません(最低すぎんよ)

 

まあ、予定を言うのは大事ですけどね、共同で生活している以上そうなりますね。

 

という話でした。

 

ではではこの辺で~また明日お会いしましょう~

 

 

読者登録お願いします

↓応援クリックありがとうございます、励みになっています↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク